シェラ・デ・コブレの幽霊

躁や鬱になっている場合ではない、生きろ。

クソリプやコメント:姫乃たまさんが好き

姫乃たまさんは地下アイドル歴7年くらいのベテランで、文章もうまいしすごく好きなんだけどまだ拝見したことはなくて。でも好きで、村田らむさんにインタビューされたやつを人に見せたくて再読したらコメントに「こんだけ器用なら他の仕事もなんでもできそう」みたいなのがあって

かなり憤りました

彼女は地下アイドルしかできないから地下アイドルをやっているのであり、それは褒めたつもりでも失礼です

 

あんまり怒らないといいつつ好きな人にこういうことがあると怒るし

自分の場合単行本出る宣伝に「ふたばのヤクいさん作家ががんばったねー、ふたばからプロ誕生かー」みたいなコメントついたんですけど何もかもが間違っているので訂正する気にもなれず馬鹿にされてる気もしたけどきっと書いた人に他意はないのでどうしようかと思ったけどシカトするのが一番いいか、と思ってたら私じゃない人が怒りのコメントをくれて。

 

自分の怒りを代弁できる人がいるというのは嬉しみ感じますよ

単行本作業の終わりと同居の終わり

はーーーー、辛かった。躁ひどかったし昨日の日記とか自分でも何が書いてあるのかわからんw

単行本作業多分全部終わりました。多分というのを3回くらいやりましたが今回は本当に終わった…と思いたい…

 

そして17年間一緒に暮らした相手に引っ越すことを告げました。
疲れた。

半分引っ越ししちゃってるみたいなもんだし相手は今年は半分しかこっちにいなかった人なので話はトントン進みまして、それはよかったです。でも胃はキリキリした。元々彼(男性なので)を引き止めたのは私なのですが相手のいい分ももちろんあるしそう思い通りになるわけもないのですが私は引き止められませんでした。あとはここをいつ引き払うかだなあ。出費はなるべく避けたい。

別居になるだけで関係性は変わらず続けて行くつもりです。同人活動にも変わりはないのでご心配なく。

 

新しいお家の回りには素敵な公園があるから、外でクレヨンとかで絵を描くのも良さそうだね
新しい病院も決まったしね。

 

”躁や鬱になっている場合ではない、生きろ。”

一部完、みたいな感じがします。

自分のことは自分が一番わからないというけれどとにかく不眠の人らしい

どうやら私の不眠はガチっぽくて不眠ガチの人に不眠ガチと認定されたので今年はちゃんと病院にかよっていろいろ支援受けたりもすることにします。

 

他の人みたいな深い眠りが何年もないのとかはおかしいっていうか
最近はちみつ舐めて悪夢みなくなったしだいぶ勝手に安心してましたね。

どうもとてつもなく体が弱くてだるい人だなと思ってたけど眠りが浅いというか完全にオフにすることができないみたいです。

そりゃ2年間ほぼ毎日2時間以下の睡眠時間で生活してたこともあるからおかしくもなるというかうまれたときから不眠で親困らせてました。眠れない夜の嫌な記憶はたくさんある。

 

知り合いで一番のガチ不眠の人を観測させてもらったところ、何しても起きないような深い眠りについているということが判明し、え???そうなの???ってなってるところです。その辺よく新しく行くことになった病院の先生に相談したいと思います。

元々ショートスリーパーなので二ヶ月一緒に暮らした人に一回も寝顔を見せたことがないとかそういう伝説持ちです

いやでも小・中学校は一回だけしか遅刻しなかったんだけどなあ…こどものときはとにかくお昼寝の時間がいやでしたね。それ前も書きました。はい。

 

 

 

60時間くらい起きてるのですが多分あと24時間くらいは起きてます。

あ、一応新しいタイプの悪夢を見た昼寝を挟んだ気がするのでちょっと誇張入ってます。眠れない自慢ってやつですね。

 

数日前までの単行本作業が躁で雑すぎて治しておりました。これも変な経緯で気がつくことができたんですが今のところ表紙のゴミが見えないほどの躁から多少マシになったんだなと思って良しとしておきます。

 

次は校正…

 

です…

 

売ります上げますをしています

断捨離中

paper.dropbox.com

最近躁病すぎて日記が面白くない

申し訳ないです

 

躁の人にアドバイスします

 

勢いでなにかやれるし仕事なんでもいくらでもできてしまう気がしますが

絵の仕事は細かい作業だし
躁病の人は仕事早かったりとかしますが
絵は特に…ちゃんと…見直すことを…

 

 

 

おすすm  しまs

 

おおおおおおおお!!!!!!!!

躁でやらかしたのと42度の熱の話

6月だか7月あたりにシェアハウスでやらかした躁の撒き散らし人に不快なあれですが

ゴールデン街の知ってる店でやらかしました…


幸いにも知ってる店で、全部朝帰ってきて一回36時間起きてたあと5時間寝たらスッキリしたのでLINEでだいぶあやまってみんな許してくれたんですが、LINE知らん人とかあやまれてないのですっきりしないのと、一緒にいた人もびっくりするくらいやらかしたのですが私が連れてった連れなので私があやまったりその人を叱りつけたりしてちょっと大変でした。

 

しかも私過去に40度以上の熱をだしまくったり、2時間睡眠を2年近く続けたりして脳が相当とろけてると思うんですが躁のときって明るくてちょっと喋りすぎたりするけど悪い人ではないし、とにかくシャキシャキ動くし買い物は早いし、料理もうまいのですごく頭が壊れてる人には見えないと言われますがそれをまた言われたのはちょっとショックでした。

体温計って42度までしかないじゃないですか

普通42度以上の熱をだしたら人は死ぬみたいな感じですよね?

私は過去40度超え更に42度近くの熱を4度くらい出していて、一回は水疱瘡で死にかけて(そのときは確実に42度以上でました)二度目はよくおぼえてないのですが親に放置されて祖母の民間療法により浣腸されたりして意識が混濁したにもかかわらず自分で着替えを1日に10回位して着る服がなくなったのでしかたなく母のタンスを初めて開けてパジャマを取り替えたり、氷嚢を自分で作ったりしてなんとかして3回目は41度4分くらいまでいったと思うんですがゲーメストに投稿するはがきを書いていたら←ここは笑うところ なんかおかしいなと思って、たまたま熱測る機会があって図ったらすでに40度2分あって!?と思ったけど躁状態みたいになったら41度以上でたんですがそのときの同居人が仕事は休めないというのでありったけの声を振り絞って「仕事なんて私のためにぶっちしてよ!!」って叫んだけど振り返りもせずに仕事(つっても適当な現場バイトだったはずですが)に行ってしまい

4度目は41度ちょい出たのが丸々2日下がらず、諸般の事情で病院に行きたくなかったので2日間起きるのもままならず2リットルのスポーツ飲料をそばにおいて飲んでいたのですがさすがに3日目ですこし熱がひいたけど我慢できずタクシーを呼んで病院に行ったら即入院だったんですがベッドがあいておらず次の日まで自宅待機になって辛かった、という感じです

 

 

書きたかっただけです。熱には強いし私は42度の熱をだしても自分のことは自分でできるんだと思ったらなんか悲しくなりました。

平熱は普通に6度6分です

おちんちん萎えてしまうだろうが

数日前単行本作業でカバー下のウラ表紙部分にポエムでも入れてみようと思って書いたやつ

ここに昔書いたポエムの改稿版ですね

 

 

こんなの好きな作家でオナニーにしてなんとなくカバーめくって出てきたらちんちん萎えてしまうやろが

と気づいて2秒でやめました

 

よかった

危なかった