読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェラ・デ・コブレの幽霊

不眠と双極性障害日記。まれにポエム

私には死んだ兄がいる

私からみて6歳上になる、初産のうちの兄は
どうしても呼吸してくれなくて、そのまま死んだ

翌年姉が産まれなんとなく平和になる我が家

しかし父親は男の子を希望していた

 

3年とちょっとして母は妊娠する
これは男の子だ!!
こんなにおなかを蹴るのは男の子だ!
一人目のこどもも二人目のこどもも当てたんだ、当たるに違いない

 

 

 

産まれたのは女の子でした

鬱の神舞い降りる

昨日から予感はしていたのだが見事鬱の神が舞い降り、今日予約した歯医者にも行けなかった
先週4ヶ月ぶりに歯医者にいって、申し訳なくて事情を説明したのだけど先生はあいかわらずのおとぼけフェイスで「鬱だったらこなくていいですよ!」と言ってくれた。「双極性なんてめんどくさいもんかかえちゃいましたねー、前そういうお客さんばっかりのとこで働いてたことがあって、雨になると誰もこないの!」と明るく言い放つ。なんてすばらしい歯医者だと思っていろいろしゃべってしまったけど歯医者は精神科ではないし、行かないと歯は治らない

 

他にもいろいろ書きたいこともあるのだが鬱だからできることからやろうと思うので他のことにエネルギー回して明日には復活したいです

躁鬱のスパンが早ければ明日にも躁転するかもしれない、躁がいいわけじゃないんだけど動けるだけマシ、というかスパンの早い躁なら自殺する気も起きないしって結局だらだら書きそうだからここまで

水の惑星

蜃気楼につられてしまい
砂の砂漠をつらつらと散歩
星の位置や傾きや
そんなものわかるわけもなく

へたりこんで水筒をあけると
一番好きな日本酒の限定絞りが入っておりました

水の惑星で乾いて死ぬのか
そう思ってまっすぐ歩いたけど
どうやらとうとう倒れたようです

今は空から見ています
地球は青かった

メモ

ベゲタミンラボナイソミタールマイスリーアモバン・ルネスタハルシオンレンドルミンリスミーエバミールデパスサイレースロヒプノールネルボンドラールダルメートエリミン

 

うーん…

ロゼレムとベムソムラは個人的に別物扱いだぬ

 

 

耳は穴だけあっても
存外そとの声は聞こえないもので

切り取ったのを後悔もしたけど
電車で聞こえる音の漏れたイヤフォンに
いらいらすることもなくなったので

等価交換かなって

切り取った耳も
とても気に入って筺に入れているしね

null

生と死

あいだは無い
どちらも完全にして自由

完全を生き
完全に死ぬ

世界は巡っても
ぼくは完全なnull

安心を得て
夜中少しだけ死をむさぼる

花嫁

家路の途中教会の前を通ったら
華やかな結婚式が行われていた

入り口のゲートは開かれていて

お祝いに来たたくさんの人たちが
花びらを宙に舞わせて新郎新婦が出てくるのを待ってる


庭に出てくるすらりとした長身の新郎

半歩遅れて手を取られ庭への階段を降りてくる新婦

白いヴェールに白いドレス
手には真紅の薔薇のミニブーケ

遠目にも分かる、美しい女性だ

しかし、ぼくには見えている
新婦の頭の白いベールは燃えている

青と赤の混じった炎を放っている

多分彼女も感じ取っているはずだ

 

彼女と目が合った
「おしあわせに」
聞こえない距離だけどひとこと言って

ぼくはその場を後にした