シェラ・デ・コブレの幽霊

不眠と双極性障害日記。まれにポエム

花嫁

家路の途中教会の前を通ったら
華やかな結婚式が行われていた

入り口のゲートは開かれていて

お祝いに来たたくさんの人たちが
花びらを宙に舞わせて新郎新婦が出てくるのを待ってる


庭に出てくるすらりとした長身の新郎

半歩遅れて手を取られ庭への階段を降りてくる新婦

白いヴェールに白いドレス
手には真紅の薔薇のミニブーケ

遠目にも分かる、美しい女性だ

しかし、ぼくには見えている
新婦の頭の白いベールは燃えている

青と赤の混じった炎を放っている

多分彼女も感じ取っているはずだ

 

彼女と目が合った
「おしあわせに」
聞こえない距離だけどひとこと言って

ぼくはその場を後にした