シェラ・デ・コブレの幽霊

ADHD傾向のあるASD。生きてみよう!

9月は儚い。白昼夢のよう。

悲しかった、何もかもが悲しかった
Discordでチャットしてても悲しかった(私はチャットが好きなのです)
待望のカプコンのベルトアクションコレクションをやってさえ悲しかった
ハイスコアガールを見てもバナナフィッシュを見ても悲しかった。
最近前聞いてた好きな曲もあんまり聞きたくなくてフジファブリックを聞いていたら当然悲しい。


何もかもに興味がなくて、何もしたくなくて、いつの間にか9月がついえようとしていた。

この世の中にはたくさんの娯楽がある。

例えばスポーツ。
スポーツ自体おもしろいと思ったり、プレイスタイルが好きだなーとか思う選手がいたとしてもいれこんだり、チームを応援したりすることが出来ない。
ましてやチームが勝った!負けた!なんて自分のことのように喜ぶなんて無理だ。
そういう風に人生を楽しめる人をうらやましいと思う。

 

今月は本当に無為に時間を消費してしまった。

悪循環は今でも続いている。

なにもしたくない、と布団にもぐりこんでいるとそのうちおかしな夢を見る。夢というより半覚醒してるのでなにかの意識下で見ている白昼夢みたいなもの。今日はすべての死体が流れてくる川というのがあって、自分がズルリと死体(とはいえぐにゃぐにゃしてるだけでとても綺麗)を持ち上げている。何体も流れてくる。
夢の中ではない自分がなんとなく考えている(ゲームみたいだな)(こういうゲームが作れないだろうか)自分はそのゲームのルールを考える(ダメだな…どうしても破綻する…)そして目が覚める。またむりやり目を閉じる。また死体が流れてくる(死体はしゃべれなくて…でも容疑者の前でなにかアクションが取れるようにして…)また目が覚める。時間を見る。目を閉じる。(もういやだな…)
(なにもしたくない、どうしよう、起きたらご飯を食べなくては…)
死体が流れてくる。
(とりあえずまだご飯はあったはず…ブロッコリーとソーセージで…いや…ホッケもあるから…なんとか…)もう目は醒めている。でも死体は流れてくる。
罪悪感かなんだかよくわからない、もう寝ているのは無理だ。心臓が痛い。それでも横になっているともう苦しくて苦しくてしょうがない。目をつぶれば死体が流れてくる。

たいていこんなよくわからない夢はその日のうちには忘れてしまう。意味はない、辛いだけだ。

 

ひきずられあって、今同居人とどっちもダメな状態になってるので一念発起しないとならないなと思いつつ、9月。好きなはずの9月。
平成最後の9月が終わっていく。

どうしよう…。

明日からなんとかしようと思ったまま10日以上経っている。

 

…明日からなんとかしよう。明日から。
ねえ、よろしくおねがいしますよ。