シェラ・デ・コブレの幽霊

自分は躁鬱病ではなくADHD傾向のあるASDだそうだ。死ぬな、生きろ。

どこで反論しても無駄そうではあるのだけど

タイトルで察した人にとってはつまらない話になると思うのでとばしてください

要するにいつまでもありもしなかった人の情事を面白がってる童貞はおかえりくださいませ。いままでと同じように自分の強さじゃない武装で自己をだせないまま生きてください

 

そもそも私は同性でもでも異性でもほぼ同じように接する人間なので男子と平気で誤解を受けるようなことをしたということは否定はできませんけどこれが同性同士とかだったらなんでもない話じゃないですか、だって横になって眠れないから話してただけですよ
そんなに気になるなら体液でも調べればいいと思いますけど一切出ないに決まってるし
そもそも誰も観測してないことが伝聞で伝わったみたいですがどっから話がああなって一体何が彼らのカンに触ったのかさっぱりわかんないし何が面白いのかも全然わかんない

 

って話をしようと思ったのですがどうやらいろいろ自分の周りの好きな人たちはいい方向に動いていて、自分も新しいこと始められそうだし、大好きな友達が友達同士一緒に住み始めるとかそんな話題を聞いてほっこりしているのでもうどうでもいいや。

 

だいたい住人の平均の15歳も上のいつも老害扱いされてるババアが何で10歳も下のインテリ好青年に相手にされたと思ってるのかわからんし
誰も直接「あなたはあそこであれをやったんですか?」とは聞いてこない気持ち悪さもあって、でもいいやつ悪い奴気に食わないやついろいろの区別がつきやすくなったのは大変よいことでした。あとあったことのない人物が言及したことがすごくよかったので思い切ってDMだしてみたら邂逅できたというオチもあって。

 

まあ自分損はしてないかなみたいな気持ちです

 

今日の話がなんだかよくわからん人はすいません

今の20代とかとは話が合わないというかネット上の人格作っててそういうの気持ち悪くて嫌いだからうまく付き合えないなと思いました

 

 

 

おしまい

まあこの話はあとで消すかもね