シェラ・デ・コブレの幽霊

躁や鬱になっている場合ではない、生きろ。

結婚しないぞ、39歳で死ぬぞ

人は性とか形がはっきりしないもの極めるとどうしてもスピリチュアルになっていく気がする、20代後半に知り合ったAV関係の人、の友達みたいな薄い知り合い見てうーん…ってなってる。自分も病気だと喚いてるし、「事実を述べること」と「精神界に行ってしまう」こととちゃんとわけないと統合失調症みたいになることはわかっている。

生涯結婚しないぞー!と決めたのは4歳位の時で、なんでそんなこと決定したのかわからないまま人を見るとまず結婚指輪してるかどうか確かめてた幼稚園の頃。マジでどうした?って感じなんだけど生涯結婚しないって気持ちは変わってない。こだわりない人と籍入れるだけなら別にいいかなって思って求婚したりはしたけど。
39歳で死ぬってのは「天才39歳で死ぬ説」みたいなのがあってそれで「うわー、私39歳で死のう…」って10歳くらいで思ったまま脳みそが固定されてしまい、そのまま大人になってもぼんやりそう思ってた。中学生の時に周りに自殺しないで…ってなんでか警告されてたんだけど周りに恵まれすぎていたなと思う。ありがとうね…そのあと自覚のない何かで人間関係を壊してしまっていたけど同窓会であったら許してくれた…。って思い出すとつらい…。

blog.tinect.jp

タイトルだけでいいです。結局宣伝だし奥さんの話してるしなんか違うんだけど、おおまかこんな感じで人生に飽きることは予見してたんだと思う。あとこの記事読んだら自分に対する罪悪感が「得になる情報を発信してないからじゃない?」ってことを学んだ。あとぶれまくりなのが…。

で、結果今まで結婚もせず39歳も過ぎたわけですがやっと理解が追いついたのでやるか死ぬかしかないのでやります。

同じことしてると死ぬのに今年は単行本が出るので死にません。なにげにタイトルが決定しました。この病気病気呻いてるアラフォーメンヘラ誰…?ってなったら11月頃タイトルで調べてください

「絶頂メス交尾 High-Speed Injection」です