シェラ・デ・コブレの幽霊

不眠と双極性障害日記。まれにポエム

ブリューゲル「バベルの塔」展見て来た

もう先週になりますか。東京では2日に終わるというので平日の雨の日を避けてパッとバベルの塔展行ってきました。
足の重い私だけど上野は好きな場所なのでまあ行きます。一番行く東京の場所が上野か新宿かって感じですね。

気持ち的にはバベルの塔自体にそんなに気持ちはいってなくて、ボスの変な魚の絵とかみられてグッズ買えればいいかなーくらいに思ってたんだけどバベルの塔の絵すごすぎてそれまでみてるのが吹っ飛ぶくらいの衝撃でした。結局3周くらい並んで見た。目が疲れるのを予期して前ちょっと話題になった高い目薬持って行ったのに会場でさそうと思ったら出てこずにあきらめたら家でカバンの底板の下からでてきた。シット!

いや、マジで、すごいんですがバベルの塔ブリューゲルが何を考えてアレを書いたのかはまったく記録がないんですよね。
テーマにしてもバベルの塔って重いテーマだし、めっちゃ緻密だし、あれを生涯ちまちまちまちま直しながら生涯を終えた…みたいな感じかと思ってたらそうでもないみたいだし、宗教テーマはやっぱり日本人にはわからない部分もあるし画家の生活もわかんないし、なによりどうやったらあんな絵描けるんだよと思って

わかんない部分が怖くなったので
あまりにもすごいから
あんまりかんがえないことにした

無理矢理理解しようとしてしまって理解できない範疇のことまで考えて堂々巡りで眠れないとかどうしようもない、わかんないことはわからないままで処理できるようになりたいなあ

おみやげには図録、バベルの塔A5のとボスのBIG FISH EAT LITTLE FISHのポストカードを買いました

http://www.metmuseum.org/toah/images/hb/hb_17.3.859.jpg
(これの左上にいるやつだけのポストカードなのさ)

まだ頭ごちゃごちゃになるから、ボスの絵だけ飾ってあります。

しかし公式だけどほんとすね毛はいけてないと思うんだよなあ…おふざけだったらやめてほしいー…靴下ははいてるからしかたないけどさ…
どうしてこうなった 「バベルの塔」展、公式マスコットの「タラ夫」から漂う狂気と混沌 - ねとらぼ

ブリューゲルの世界 (とんぼの本)

ブリューゲルの世界 (とんぼの本)