シェラ・デ・コブレの幽霊

躁や鬱になっている場合ではない、生きろ。

パレード

ぼくはパレードにやってきた
招待状は持っている

 

ひとりブランコに乗る白塗りの少女

原色のランプを光らせるフロート車

花いっぱいのドレスを引きずるドラァグクイーン

手をつないでこちらを見つめるアルビノの双児

 

粗悪品のキャンディ舐めながら
ぼくは首吊りの木で首を縊る

 

パレードの一番の見どころなのさ